もっと自由に自分でいてくれないとヤダと言ってくれる人たち@東京

久しぶりに東京来ました。
すごい面白いタイミングで濃い会に参加させてもらい、WordPressでこんなコトやりたいね初ミーティングも行われ、一日ですごい色んなことが起こり過ぎて、東京ってすご(笑)
 
今回改めて思うのが、私の周りには、私のやることなどを制限する人がいないということ。。。
そして制限しているのは自分で、周りの人は「もっと自由にやりな!」ってことばかり言ってくれる。

色々聞いていると、自分のやりたいことをスタートしたいなって話をすると、会社の人、家族、友人に「そんなの無理」「常識外れ」「もっと母親として社会人としての責任をとれ」みたいなことを言われる方が多いんだなって思います。

でも私には本当にそれがなくて。
元パートナーも、本当に何でも私の好きなようにさせてくれていたし(例えばこの保育園に通わせたいからこっちに引っ越したいとか笑、そして私のことを外で絶賛して仕事をとってきてもっと自分の才能を使いななよって言ってくれたり)。

昨日はすごく怪しくて危険な会で(笑)「そんなの母親としてダメじゃん?」って私がありえないと思う選択肢を色々言ってもらいました。

自分が本来の自分でいたら、必ず道は開けると。

そしてそれを本当にするかしないかはともかく、自分の中で勝手に無理だと決めて自己完結するのではなく、どうしたいかをまず子供たちや両親と話さなくちゃと。
言ってみないと分からないし、相手も言われないと分からないよって。

ものすごくその通りすぎて降伏するしかない(笑)

しかもその後、ある人と「こういうこと一緒にやりたいねー」と話していたら、全く違うところから同じようなことを「一緒にやりたいな」っていうメッセージが来たので、東京で3人で会って話していたら、私が思う通りの展開になった。

しかもこのメンバーがとっても特殊で、2人とも、私に「これやってよ」という要求がない…
とにかく私に「何が好きなの?何してるとワクワクするの?」ということを聞いてくる。

私って、昔からパソコン系とかまとめる系の仕事が得意で、もちろん好きがベースにもあると思うんだけど、何か新しい企画をやろうってなったら、制作物は自分が一手に引き受けたりするところがあります。

それを負担に思う自分もいるんだけど、特に若い頃はミーティングは時間を有効に活用しなくちゃ!という思いが強くて、始まる前に目的から今日の議題から全てかっちりまとめたり。

自分がそういうのやらないとみんなやらないから、私がやらなきゃ!っていうのが強かったのだと思う。

例えばね、セミナーをやるってなったとしたら、「じゃあ私テキストとかタイムテーブル作るの慣れてるよ」って話したとしたら、普通は喜ばれるやん?

あ、タスク引き受けてくれてありがとうって。

でもこの二人は、「なんかそれ嬉しくないんだよねー」と言ってくる(笑)
「もっと自分が本当に楽しいとかワクワクするところはどこなの?って。
この2人、別に暇でもないし、テキスト作ったりするのが好きだったり得意だったりするわけでもないのに。

そこで話していて気づくのは、私はとにかく無駄で、すっごいバカだけど笑えることが好きなんです。
「こんなセミナーあり??いや、ありえんやろw」みたいなノリというか。

そういうの話してて、でも今の私って、そういう無駄なことやってる時間は自分にないってすごく自分に禁止していることに気付いた。
前だったら、そんなの言われなくても、勝手にバカな妄想が膨らんで1人で話してると周りの人が私の暴走に引き気味だったくらいなのに(笑)

そんなことに気付かせてくれる二人で、「なつきちゃんは本当になつきちゃんらしくいてくれたらいいんだよ」って心から言ってくれる二人で。

こんなに自分が頑張ろう感の出ない組み合わせって本当になくて。
2人にすごく助けてもらってるなあってめちゃ感じます。

で、結局1日かけて、自分に禁止したり制限かけてるのは自分だけなんだなという流れの中で、自分の周りに制限をかけてくる人がいなく、むしろ自由をくれる人ばかりという今の私の環境が、ものすごく奇跡的なことだって思って。

本当に感謝です。

その一方で、他の人を言い訳にできなくて、全部自分に責任が返ってくるところがきついところでもありますが(笑)

木村なつき
WordPressでサイトを作ったり教えたりしています。
ゆるく楽しく、自分らしい発信のお手伝いができたら幸せ。
好きな言葉は「まさかの展開」。
自分に正直に生きる、自分を大事にするがモットー。
福井在住。東京時々出没。3児のシングルマザー。

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA